洋食器豆知識

洋食器はどれを選べばいいのでしょう?

洋食器と一言で表現しても、その種類はとても沢山あります。
日本の食器に様々な形があり、その一つ一つに使い方や意味があったりするように、洋食器にも使い方や、その形の意味があります。
カップ、ポット、プレート、そして特殊な形をしている物まで、そういった食器がどうしてその形になったのかを知れば、その食器の歴史を知ることが出来ます。
そしてそれは形のみに限らず、模様にも意味が込められていたりします。
お持ちの洋食器をインターネットなどで調べてみて、歴史を研究するものおもしろいと思いますよ☆

洋食器の種類と名称

ディナープレート
肉料理や魚料理など、その日のメインディッシュをのせる皿(約24-27cm)。パスタやスープなどの下皿にも。
デザートプレート
デザートをのせるための皿(約20~22cm)。そのほかサラダや取り皿に。
バンプレート
最も小ぶりの皿(約16cm)で、パンに使うほか、プチケーキなどにも。
スーププレート
スープ川の皿(約20~24cm)で、ディナープレートの上に置いて使います。パスタやシチューなどの汁気のある料理にも。
プラター
肉料理や魚料理などを、それぞれのゲストに取り分けて食べる円形や楕円形の大皿(約31~35cm)。
ティーカップ&ソーサー
名前のとおり紅茶用のセット。カップの形は、コーヒーや兼用のものに比べて飲み口が広く、紅茶の色や香りが楽しめるようになっています。
デミタスカップ&ソーサー
ヨーロッパのコーヒー、エスプレッソを飲むためのもので、コーヒーより小さめのサイズ。
コーヒーカップ&ソーサー
ヨーロッパのコーヒー、エスプレッソを飲むためのもので、コーヒーより小さめのサイズ。
ティーポット
紅茶を注ぐためのポットで種類やデザインが豊富。茶葉のひらきを活発にするため、横広の形が辿してい求す。大きさは1入用~数入用まであります。
コーヒーポット
コーヒーを注ぐときに耀つポット。抽出したコーヒーを入れるポットで縦長の形が多く、それは保温のため。コーヒーを入れる前に一度湯をくぐらせると保温時間が長くなります。数入用の大きめのものが一般的です。
シュガーポット
砂糖を入れる容器で、粉・グラニュー糖が多く使われます。角砂糖用にはトング(砂糖をつかむもの)が必要です。
クリーマー
紅茶用は横広で牛乳を、コーヒー用は縦長でクリームを入れます。

グラスの種類と名称

ゴブレット
「突き出たとんがりロ」(ケルト語)という意味。水やジュース、ビール用に。
タンブラー
大型コップの総称。「転ぶ、倒れる」の意味があり、昔は動物の骨でつくったので安定か悪かったことに由来します。ソフトドリンクや食前酒用に。
ワイングラス
テーブルに2つ置かれた場合は大が赤ワイン用、小が白ワイン用。赤ワイン用はワインを空気に触れさせるためと、香りを楽しむために飲み口が広く、大きめになっています。白ワインは冷やして飲むため、必ずステム(脚の部分)を持って飲むようにしましょう。
シャンパングラス
ステム(脚)付きの細長いフルートタイプは発泡飲料(シャンパンやスプマンテ)用。発泡がとびやすいように飲みロが広くなっているクープタイプはアイスクリームなどに使います。
オールドフアッション
オンザロック用のグラス。忽削の由来は甘いウイスキーカクテルの名称から。
リキュールグラス
アルコール度数の強い酒を少量人れるためのグラス。食前・食後に両用します。
ブランデーグラス
底が丸いのは手の温度でブランデーを温めるため。別名スニフターとも。
デカンター(デキャンタ)
フタ付きの水差しタイプの容器。ワインやウイスキー用に。
ピッチャー
フタなしで把手のついた水差し。カラフ(カラフェ)とも。水や牛乳などのソフトドリンクで使います。

ページトップへ

お買い物カゴ

  • 商品数0
  • 合計0

お買い物カゴを見る

フローレンス芦屋
【TEL】0797-31-6640
【FAX】0797-31-6640
【メールアドレス】
info@florence-ashiya.com
お気軽にご連絡ください。

2019年8月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ピンク色の日 はお休みです。

無料リンク集